開店祝いや開業祝でおくる胡蝶蘭の相場やマナー

開店祝いや開業祝でおくる花と言えば胡蝶蘭ですが、個人的にお祝いするなら1万円から3万円程度が相場ですかね。昨今、通販の専門店を利用する人の割合も増加し、コチョウ欄の通販専門サイトのサービスもかなり進化しました。
日本古来のフラワーではありませんが、明治に日本に持ち込まれたという記録があります。
咲いた様がまるで蝶のように綺麗なことから、名前の由来が来ているのが胡蝶蘭ですが、その美しさや込められた花言葉がフラワーギフトとして喜ばれています。

頂いたコチョウ欄が枯れてしまったら、どうやって捨てれば良いか悩んでしまう人も多いみたいです。そのようなケースで、頼りになるのが、胡蝶蘭の回収・引取り業者の存在です。

処分する事情は様々で、置き場所に困ってしまう場合や、枯れてしまった等、一鉢から大量処分まで請け負ってくれます。
サービスを利用しないのであれば、ご自身の責任で処分するしかありませんが、手間が掛かっても地域ごとの分別方法に従って細かく仕分けして捨てるしかありません。胡蝶蘭にもいくつか種類がありますが、 分け方として、花の大きさの違いが挙げられます。

一番イメージしやすく新規オープンなどで見かけるのが、大倫という一番花のサイズが大きい種類です。

逆に、プライベートなお祝いや誕生日など、花のサイズが小さく、価格もお手頃なミディという種類があります。

どう選ぶかですが、贈る相手やシーンによって相応しいものが決まっています。通販のフラワーギフトを使うとき、おすすめは、生産者である栽培園から直接発送する、産地直送を採用している販売店が一番です。
どうして産地直送がオススメかというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、手元に届くまでの時間が短縮され、お花が新鮮な事と、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。

胡蝶蘭欄も産地直送が一番のお勧めになります。
就任祝いや開業祝など、急な知らせで胡蝶蘭を送りたい場合、当日配達や翌日配達に対応したショップが役に立ちます。

流通網が確立された昨今のスピード感のおかげですが、本当にスピーディーです。

明日の昼までに配達してもらわないといけない場合とか、あせって急いでる時は、夜間でも早朝でも注文できるのでお勧めです。

付け加えて言うと、そういうショップはラッピングや立札も無料な場合が多いです。

フラワーギフトで胡蝶蘭が人気なのには理由があります。

ひとつは、見た目の華やかさや豪華さ、そしてまた、日持ちの良さや香りの少なさも理由に挙げられます。

普通におくられるフラワーギフトであれば、直ぐにしおれてしまい日持ちしませんし、こういった事を考えても、1ヶ月から2か月も日持ちするコチョウ欄が人気なのです。

門出や祝いのシーンに選ぶフラワーギフトは、やはり、胡蝶蘭を選ぶ人が多いわけです。

取引先の創立記念日にも祝花にこちょうランが選ばれますが、最低限のマナーくらいは、知識として覚えておかないとダメでしょう。たとえば、赤一色のラッピングは「火」から家事を連想させるため、赤系の胡蝶蘭や赤一色の包装は止めましょうあと、必ず立札を付けるようにしないといけません。

多くの花が贈られるので、何処からおくられたのか分かりやすいようにしておきます。

胡蝶蘭の育て方ですが、ある程度の暖かさが必要なのは、知っておかなければいけません。
原産地は熱帯地域ですが、木々の生い茂る明るい日陰で育ったので、なんと、窓際などの直射日光にも弱いという性質があります。人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、置くとことは通気性も考えてあげましょう。

環境次第ですが水やりも頻繁に行う必要が無く、根元が乾いてきたと思ったらあげる感じです。
貰ったこちょうランの育て方に関してですが、他の花と比べても簡単なほうです。
1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、鉢に植え替える方法も難しくないです。

しかし、寒さには弱いので、冬場は屋内で15℃~20℃位の場所に置いてあげないとダメです。

それと、空調の吹き出し口なども良くないので、置くところには気を付けてあげましょう。

気になる胡蝶蘭の価格ですが、 贈る相手の場面や、先方との関係性によって変わります。親しい人へのプレゼントであれば数千円のオシャレなコチョウ欄で良いですし、仕事関係であれば大倫の3本立てコチョウ欄以上を選ぶのがマナーです。
どちらにしても、コチョウ欄の値段が花屋より安いのがネット販売で、商品によっては50%OFFになったりします。通販では卸市場を経由しない流通構造を採用している場合が多く、生産者からの直送を行っているからです。フラワーギフトで胡蝶蘭をおくるのは、出店祝いや結婚式だけでなく、葬儀や通夜などにもみることがあります。

「純粋な愛」を花言葉に持つ胡蝶蘭って、悲しい気持ちをいやしてくれると言われていて、お悔やみの場に贈ってもマナーに反するこということはありません。世界に胡蝶蘭が広まる歴史の始まりは、お金持ちや貴族の間で18世紀のヨーロッパで起きた欄ブームが始まりで、その神秘的な美しさが、様々な品種を探すきっかけになり、コチョウ欄の原種を発見する事になったわけです。

胡蝶蘭を送る際は、フラワーの印象をさらに良くするラッピングが欠かせません。

いくつか例を挙げると、ラッピングを赤にすると豪華な印象になるし、薄紫のラッピングなら落ち着いた印象で法要やお彼岸でも使えます。

評価が良い胡蝶蘭の通販ショップでは、ほぼ全てのケースで、無料のラッピングサービスを行っています。コチョウ欄にそえる立札なども、価格に含まれている通販ショップが増えています。